こんにちは。

日曜日の「ぼっち練」で、2周目にコッコさんに
追いつこうと走っていたら、乾門あたりで、
後ろから、声を掛けられました。

振り返ると、知り合いのサブスリーランナーだった。
お互いに走っている姿を見るのは初めて。

ご挨拶をすますと、ピューと行ってしまわれた。

私は3周で終了。
皆さんが走行完了するまで、休んでいたが
その方にキヨマロ前で、2回手を振った。
結局6周されたとのこと。



翌月曜日に、この方のお店に行って課員とラーメンを食べた。

マスター 「ぼっち練」って何ですか。
      「いっぱいいたけど・・・・・」

  ナンテコタエレバ、セツメイガツクデショウ

  ピンクノゼッケン ツケテタコト ミラレタノネ

  セツメイスルト ナガクナルケド 

   ヒトコトデ アラワスナラ


kei『大人のサークル』です。

  ある意味 大将を中心としたぼっちの集まりだから
  誤りではないが、急に振られて言葉に窮した。

客観的に考えれば、「ぼっち練」のゼッケンをつけた皆さんが
皇居をグルグル回ってれば、何の集まりか知りたくなりますよね。

これもある意味面白い。